« 「イスラム国」ホントに容赦ないな | トップページ | 暴言政治家が21世紀の主流になる? »

2016年4月19日 (火)

世界的な地震対策の必要性が問われているのかも

 

南米エクアドルの大地震で18日、政府は死者が413人、負傷者が約2700人に達したと発表した。
 行方不明者も数百人に上るという。被災地が集中する沿岸部の沖合では余震が続いており、二次災害も懸念されている。

大地震の死者413人に=数百人不明、余震続く―エクアドル
…世界的な地震対策の必要性が問われているのかも

 そうなった際に、日本の果たす役割は、
 圧倒的に大きいだろう。
 地震発生率が桁違いだから…

 とはいえ、熊本地震の対応も、
 まだまだ完璧とは言い難い。
 いずれにせよ、各地の被災者の復興を心より願いたい。


プレミアムウォーターは口コミでも評判

太郎こおろぎのブログ みゆきの日記

« 「イスラム国」ホントに容赦ないな | トップページ | 暴言政治家が21世紀の主流になる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413920/65064079

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的な地震対策の必要性が問われているのかも:

« 「イスラム国」ホントに容赦ないな | トップページ | 暴言政治家が21世紀の主流になる? »