« 世界的な地震対策の必要性が問われているのかも | トップページ | 「潜伏キリシタン関連遺産ツアー」できそうで難しい!? »

2016年5月 9日 (月)

暴言政治家が21世紀の主流になる?

アキノ大統領の後任を決めるフィリピン大統領選は9日朝、全国で投票が始まった。

 世論調査では「暴言市長」として知られる南部ダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長(71)がリードするが、接戦になるとの見方も出ている。
比大統領選の投票開始=「暴言市長」優位か
…暴言政治家が21世紀の主流になる?
 まぁ、わかりやすいから、そうなるんじゃろうねぇ。
 「わかりやすさの代価」を支払わないといけないのは、
 結局、国民なんだけど。
マグネシウム豊富な海洋深層水「AECスッキリウォーター」
むつみのよろしく、ごくろうさん日記 耕太の日記

« 世界的な地震対策の必要性が問われているのかも | トップページ | 「潜伏キリシタン関連遺産ツアー」できそうで難しい!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413920/65399298

この記事へのトラックバック一覧です: 暴言政治家が21世紀の主流になる?:

« 世界的な地震対策の必要性が問われているのかも | トップページ | 「潜伏キリシタン関連遺産ツアー」できそうで難しい!? »